[PR]

 男性国会議員として初めての育休取得を宣言していた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が、週刊誌の不倫疑惑報道を認め、議員辞職を表明した。12日の記者会見では「不適切な行為で多大なご迷惑をかけた」と謝罪。育児については「個人として向き合う」と述べ、今後もイクメンをめざすという。

「けじめをつけてきなさい」

 午前11時前、衆議院第2議員会館で開かれた記者会見。議員バッジをつけたスーツに、水色のネクタイ姿で現れた宮崎議員は、約30台のカメラのフラッシュを浴びながら深く一礼した。

 大きく息を吐くと、「不適切な行為により、多くの皆さまに多大なるご迷惑をおかけしましたことを、心からおわび申し上げます」と謝罪した。会見の最中、黒いバインダーにはさんだメモに何度も目を落とした。再び大きく息を吐き、「深く深く深く反省し、議員辞職をする決意を固めた」と述べる一方、「出直して参りたい」と政界への復帰をめざすとした。

 妻である金子恵美衆院議員(37)と、生まれたばかりの子に触れると、声を詰まらせ「改めて謝罪して、生涯償って参りたい」と述べた。金子氏からは「けじめをつけてきなさい」と言われたという。

 週刊文春で、自宅に女性を泊め…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも