[PR]

仕事厳しい「川筋3社」

 舞台は造船の街に戻る。

 大阪市住之江区北加賀屋とその周辺は淀川の分流・木津川の左岸にあり、明治・大正期に造船所が相次いで誕生した。

 1914(大正3)年に第1次世界大戦が始まると、木津川や尻無川(しりなしがわ)沿いを中心に造船ブームが起きた。水の都・大阪は、昔から和船の建造が盛んで、かつては天満船大工町や堂島船大工町という地名もあった。

 18年ごろの業界団体の名簿には、大阪府内の主要造船所として60社余りが名を連ねている。19年、日本の造船は建造量が米国、英国に次いで世界3位となり、大阪もその一翼を担った。その後、北加賀屋とその上下流に佐野安造船所、名村造船所、藤永田(ふじながた)造船所の3社が並び、戦後の70年代まで大勢の人たちが働いた。

 三つの造船所は「川筋3社」と呼ばれ、「鬼の佐野安、地獄の名村、情け知らずの藤永田」と言われた。かつての仕事の厳しさを指した言い方らしい。

 3社のうち今も造船を続けているのは、北加賀屋に隣接する西成区南津守のサノヤス造船大阪製造所だけになった。それも新造船ではなく、船の修繕や改造の仕事である。

■大型化で姿を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら