[PR]

 来年秋に岐阜県多治見市で開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」の実行委員会は17日、元サッカー日本代表の中田英寿さん(39)を総合プロデューサーにすることを決めた。公募で選んだ。

 中田さんは引退後、日本文化に触れる旅を続け、美濃焼で知られる多治見市にも足を運んできた。市内であった会議で、「海外の多くの友達も陶芸に興味を持っている。フェスティバルの魅力を伝え、世界一のコンペをめざす」と抱負を述べた。企画立案のほか、外国人観光客の誘致のため、2020年の東京五輪も見据えて情報を発信する。

 フェスティバルは1986年に始まり、原則3年に1回開かれている。前回は秋篠宮家の長女眞子さまが名誉総裁を務めた。