[PR]

 「世の夫 五郎丸より 拝んでる」「マイナンバー 夫婦間でも 機密事項」――。第一生命保険は17日、29回目を迎えた「サラリーマン川柳コンクール」の入選作100句を発表した。昨秋のラグビー・ワールドカップで話題となった日本代表の五郎丸歩選手がキックの際に手を合わせるポーズや、マイナンバー制度など、世相を反映した句が入選した。

 応募は全国から3万9551句。「部下の言う 『課長やばい』は 褒め言葉」「『休みます』 新入社員の 紙対応」など、職場の人間関係をテーマにした句の入選が昨年の約2倍に増えたという。

 東京都千代田区の第一生命本社と同社ホームページで3月18日まで、上位10句を選ぶ投票を受け付ける。結果は5月下旬に発表する予定。