[PR]

 「第19回上方演芸の殿堂入り」に、吉本新喜劇の座長として昭和の黄金時代を築いたコメディアン花紀京(はなききょう)さんと、昭和20年代後半から30年代にかけてアイドル的な人気を集めた漫才コンビ秋田AスケBスケが決まった。大阪府が19日、発表した。花紀さんはひょうひょうとしたボケ役で親しまれ、父の横山エンタツに続き親子二代での殿堂入りとなる。

 花紀さんと秋田Aスケさんは昨年亡くなった。表彰式は3月29日に大阪市中央区の大阪府公館で開かれる。(篠塚健一)