[PR]

 自民党の丸山和也参院議員が17日の参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ。建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない」などと発言したことに対し、与野党から18日午前、批判が相次いだ。

 公明党の漆原良夫・中央幹事会長は記者会見で「何を言わんとしているのか、趣旨がよくわからない。発言の妥当性を含めて、しっかりと国民に説明すべきだ」と指摘。丸山氏は審査会後に発言を撤回したが、漆原氏は「撤回すればいいという問題ではない」と批判した。

 漆原氏はまた、丸山氏や丸川珠代環境相ら自民党議員の失言が相次いでいることに対し、「こうしたことが重なり、ボディーブローのように政権に響いてくる。閣僚も与党議員も緊張感を持ち、発言には注意していかないといけない」とも指摘した。

 自民党の小此木八郎・国会対策委員長代理も記者会見で、丸山氏の発言による国会審議への影響に懸念を示した。衆院予算委員会での新年度予算案の審議が大詰めを迎えていることに触れ、「もう少し慎重な姿勢をとってほしい」と語った。

 18日午前の衆院予算委員会では、民主党の神山洋介氏が丸山氏の発言に対し「あまりにもひどい発言だ」と追及した。菅義偉官房長官は「政治家は与野党問わず、常に自らの発言に責任を持って、国民の信頼を得られるよう説明を果たしていく責任がある」と答弁した。

 丸山氏は17日の審査会後、「議事録を精査したうえで削除及び修正をさせていただきたい」と述べている。これを受け、与野党は18日午後の審査会幹事懇談会で、対応を協議する予定。

こんなニュースも