写真・図版

[PR]

 トイレが近くて困るという話を聞く。国民生活基礎調査(2013年)では、頻尿の症状がある人は約350万人。うち半数近くが女性で、年齢とともに増える。中には女性に多い頻尿もある。

 京都市にある「泌尿器科上田クリニック」の上田朋宏院長によると、女性の頻尿の原因に、まず「細菌性膀胱(ぼうこう)炎」がある。膀胱の内側の粘膜が細菌に感染して炎症を起こし、神経が刺激される。治療では抗菌薬を服用する。

 次に「過活動膀胱」がある。病気ではなく状態を示し、頻尿だけでなく、膀胱に尿が十分たまっていないのに突然、我慢できなくなる尿意切迫感があるのも特徴の一つ。脳卒中といった脳や神経の病気の後遺症などで起きる。

 過活動膀胱の治療では、膀胱の収縮を抑える抗コリン薬が使われるが、改善しない場合は「間質性膀胱炎」が疑われる。尿がたまってくると膀胱や下腹部に痛みや不快感を伴うのが特徴だ。

 上田さんによると、間質性膀胱炎の患者は女性が多い。膀胱炎を繰り返す場合、間質性膀胱炎の可能性もあるといい「膀胱炎を放置して、膀胱の粘膜を守るバリアーが弱くなることも原因として考えられる」と話す。

 間質性膀胱炎の再発予防や症状軽減のためには、粘膜への刺激が強い尿を作らないことが大切だという。かんきつ類やカリウムが多い果物、ヨーグルトやチーズなどの発酵乳製品、酢や香辛料、カフェインなどは少ない方がいい。尿が濃くならないよう水分も十分(目安は1日1・5リットル)とる。

 女性に多い「腹圧性尿失禁」で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら