[PR]

 菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、共産党が夏の参院選で野党候補の一本化に向けて一部の独自候補を取り下げることについて「政策の異なる政党間の選挙協力を進める、ましてや政権構想もないとすれば、有権者にどのように映るか、極めて疑問ではないのか」と批判した。

 共産党は独自候補取り下げの条件として、安全保障関連法の廃止を公約に掲げることなどを条件にしているが、菅氏は「昨今の安全保障環境は極めて厳しい状況にある。国民の生命と平和な暮らしを守ることが政府の極めて重要な役割で、廃止は全く考えていない」と強調した。