[PR]

 動画投稿サイト「ユーチューブ」にオリジナルの動画を投稿して稼ぐ「ユーチューバー」が活躍の場を広げている。再生回数に応じて広告収入が得られるだけでなく、トップクラスになると、企業との動画タイアップやイベントの仕事まで舞い込む。専門のプロダクションも支援を強化している。

 ステーキ3キロ、カレーライス5キロ、わんこそば400杯超……。「大食い」で人気のユーチューバー、木下ゆうかは驚異的な動画を投稿し、視聴者を圧倒してきた。チャンネル登録者数は96万を超える。

 タレントとして活動していた1年半前にユーチューブを始めた。当初は個人的な食体験を投稿していたが、現在は企業から新商品を紹介する動画制作や店舗訪問の依頼が来る。例えば、うどんチェーン「丸亀製麺」の商品を食べる動画は高い広告効果があったという。「私は、おいしいかおいしくないかを正直に話すので、視聴者の方が信用してくれるようです」と木下。

 ユーチューブは2005年に誕…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも