[PR]

 特殊詐欺被害を未然に防いだとして、和歌山西署は25日、和歌山市小松原通1丁目のファミリーマート和歌山県庁正門前店でアルバイトをしている市立和歌山高定時制1年の安並未来さん(16)と宮本未菜さん(16)に感謝状を贈った。

 同署によると、7日午後3時ごろ、紀の川市の男性(26)が「サイト退会手続きのために13万円を振り込みたい」と同店に駆け込んできた。勤務中だった2人が「それは詐欺なので絶対にお金を払わない方がいい」と説得し、男性は警察に相談。被害を未然に防いだ。

 感謝状をもらい、宮本さんは「身近に詐欺があってびっくりした」。安並さんは「(友人らに)少しでも怪しいと思ったら冷静に対応するよう伝えたい」と話した。(伊吹早織)