[PR]

 日本サッカー協会は25日、技術委員会を開いて日本代表の強化方針について話し合い、個々の筋力アップを前面に打ち出すことを決めた。記者会見した霜田正浩技術委員長は「日本の弱みであるフィジカル(体の強さ)に、思い切って手をつけたい」と話した。

 日本協会は、体の強さが売りだった韓国や中東勢も、日本のようにパスやドリブルといったボール扱いが巧みになってきたと分析。技術力だけで戦っていては、アジアでも勝てなくなるとの危機感が今回の方針につながったという。今後は、日々の練習から1対1で負けないように指導したり、フィジカルコーチの育成に力を入れたりする。霜田技術委員長は「発信することで、所属クラブから意識して練習してもらうようにしたい」と話した。

こんなニュースも