[PR]

 愛知県犬山市にある明治村に、森鷗外・夏目漱石という二大文豪が住んだ家が移築保存されている。もと斎藤阿具が家主だったもので、東京市本郷区(現東京都文京区)駒込千駄木町57番地にあった。漱石が3年10カ月住み、そこで「猫」を書いたことから「猫の家」と称されている。

 最近、「猫の家」の間取りが話題になった。愛知県岡崎市の建築家鈴木素夫さんが、「猫の家」について、雑誌「文章世界」や「ホノホ」の記事や写真をもとに、漱石の書斎が、8畳間を改造して押し入れを作ったため、実質は7畳だったことを論証したからである。

 漱石の肖像写真に「猫の家」の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも