[PR]

 企業に従業員向けの保育施設の設置を促すため、「企業主導型保育所」の制度が4月に創設される。市区町村の認可がなくても整備費や運営費の一部を補助。複数の企業で共同設置もできる。保育士の配置基準は認可施設より緩く、質の確保が課題となる。

 政府はこの施設で2017年度末までに最大5万人分の入所枠を増やし、待機児童の解消を目指す。施設創設を盛り込んだ改正子ども・子育て支援法が3月31日の参院本会議で、自民、公明、民進など各党の賛成多数で可決し、成立した。

 市区町村の認可を受けた事業所内保育所への補助は現在もあるが、従業員以外の地域の子どもを受け入れることが義務づけられていた。企業主導型は認可が不要で、地域の子どもを受け入れなくてもいい。

 保育職員の資格要件は緩和され…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら