【動画】「忍者」のオーディションで特技を披露する外国人たち=原知恵子、諸星晃一撮影
[PR]

 「ニンジャ」になりたいという若者が世界中にいた――。愛知県が観光PRに「忍者」を募集したら各国から応募が殺到。なぜ、いまニンジャなのか。

 1日、愛知県が発表した「徳川家康と服部半蔵忍者隊」の新メンバーに米国人クリス・オニールさん(29)の名があった。その3日前のオーディションで、「日本の歴史が大好き。忍者になるのが夢。超かっこいい」。アニメで覚えた日本語を英語に織り交ぜて熱い思いを訴え、外国人で唯一「ニンジャ」に認められた。

 少年忍者の活躍を描く「NARUTO―ナルト―」が大好き。数カ月前に訪日し、芸能関係の仕事などをしていた。スタントマンの経験があり、オーディションではバック転や空手の形を披露しながら審査員に身軽さをアピールした。

 昨夏発足した忍者隊は、忍者装束で観光客をもてなす。今回の新メンバー募集には海外約40カ国・地域から200人が応募し、日本人の35人を大きく上回った。仏AFP通信や米CNN、英BBCなどの海外メディアが募集を報じ、世界中の忍者ファンが知ったためだ。

 書類審査を通った外国人は13人。多くが海外在住で、渡航費用や日程調整の壁に阻まれ、3月29~30日のオーディションを実際に受けたのは4人だった。

 台湾のダンサー許●(●はくさかんむりの下に「止」)榕さん(23)は地元の新聞で募集を知った。5歳でアニメ「忍者ハットリくん」を見て以来、忍者は「憧れの存在」。1泊2日の日程で来日し、「私も人を助ける忍者になりたい」と訴えた。

 学生のムラド・バジロフさん(25)は、オランダ在住のアゼルバイジャン人。査証が間に合わず、現地からネット電話「スカイプ」を通じて審査を受けた。

 お気に入りは司馬遼太郎原作の忍者映画「梟(ふくろう)の城」。「強いだけでなく、知恵が備わった賢い人々。スパイのような印象」と忍者のイメージを語った。審査員の求めに応じ、呪文の「九字」を即座に唱え、模造の日本刀や十手を取り出してポーズもとった。審査員は思わず「すごいな」と専門的な知識にうなった。

■「本場での求人、夢の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら