[PR]

 無理な働き方を強いて学業との両立をさまたげる「ブラックバイト」。その問題点と対応方法をまとめた「ブラックバイト対処マニュアル」を、早稲田大学出版部がつくった。大学が新1年生に無料で配り、注意を呼びかける。在学生も編集に協力した。

 ブラックバイトに対しては厚生労働省も対策に乗り出しているが、大学側のこうした取り組みは珍しい。早大では1~3日に学部ごとに入学式があり、新1年生は約9500人。

 「賃金が求人票と違う」「希望を無視してシフトが決まる」「休憩がない」「辞めさせてくれない」など、ブラックバイトにありがちな17のテーマを取り上げた。全48ページで、税抜き500円で一般にも販売する。

 石田眞・大学院法務研究科教授(労働法)のゼミ生を中心に在学生もアイデアを出した。学生の意見を採り入れて、労働法になじみがなくても、経営者に自信をもって主張できるようにしたという。アルバイト先と交渉して有給休暇を取得した事例など、身近なエピソードについて学生自身が書いたコラムも盛り込んだ。