[PR]

 本欄のためにトークイベントを取材することは多いですが、たまにトークをする方の仕事が回ってきます。3月7日の本欄「まどかマギカちあきナオミ」でご紹介したスペインのサスペンス映画「マジカル・ガール」について、上映後の劇場で脚本家の會川昇さんと一緒に何かしゃべれ、という依頼が配給会社からやって来ました。

 「機動戦艦ナデシコ」「鋼の錬金術師」などで知られ、近作「コンクリート・レボルティオ~超人幻想~」には今回のトークのお題である「魔法少女」も登場させた會川さん。15年前に初めてお目にかかり、2006年には女装少年をテーマとした企画記事で「天保異聞 妖奇士(あやかしあやし)」のお話をうかがったりしました。

 開催前週の新聞広告に「マジカル・トークショー!」などと銘打ってもらったものの、さてお話作りのプロをお相手にちゃんと実のある話ができるものか心配で、再見しました「マジカル・ガール」。いろいろ細部に気をつけて見るといろんな新発見があったりして、改めてカルロス・ベルムト監督のちみつな構成と巧みな仕掛けに舌を巻きました。あ、ネタバレです。

 白血病で死ぬ前に日本アニメ「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら