写真・図版

[PR]

 スポーツ中の動作で体の同じ場所に軽度の力が繰り返し加わることによって、障害を来すことがあります。いわば使い過ぎによる故障で、スポーツによる「オーバーユース障害」と呼ばれます。

 スポーツ活動中の、「膝(ひざ)を強打した」あるいは「足首を強くひねった」といった、1回に大きな力が加わることにより生じるスポーツ外傷、いわゆる「けが」とは発症原因が異なります。今回は、オーバーユース障害の中で膝に生じるものについてお話ししたいと思います。

 膝のオーバーユース障害は、関節の外に生じるものと内部に生じるものの二つに大別されます。

 関節の外には腱(けん)や靭帯(じんたい)が骨に付着する場所があります。筋肉の収縮や関節運動で繰り返し負荷がかかり、それが過度になると、この付着部位に障害が起こります。その代表的なものが「ジャンパー膝」といわれる疾患です。バスケットボール、バレーボール、サッカーなどの競技で繰り返されるジャンプ、着地、ストップ、ダッシュ、キックなどの動作によって起こる疾患です。

 これらの動作では、膝の前面にある膝蓋腱(しつがいけん)や大腿四頭筋腱(だいたいしとうきんけん)が一般にお皿と呼ばれている膝蓋骨やすねの骨である脛骨(けいこつ)に付着する部位に力が加わり、その繰り返しにより徐々に腱組織に障害が起こり、膝前面に痛みを生じるようになります。

 腱が骨に付着する部分の骨が未熟な発育期には骨側に障害を生じます。脛骨に生じたものは「オスグッド・シュラッター病」、膝蓋骨の下端に生じたものは「シンディング・ラルセン・ヨハンセン病」と呼ばれます。

 関節外に生じるその他のオーバーユース障害としては、「ランナー膝(腸脛(ちょうけい)靭帯炎)」といわれる疾患があります。膝の外側を走る腸脛靭帯が大腿骨との過度の摩擦によって炎症を生じ、膝の外側に痛みを感じるようになるものです。陸上の中・長距離選手に多くみられます。

 これら関節の外に生じる障害の治療は、いずれもスポーツの休止や運動量の減少、患部の安静・冷却が中心になります。筋肉の緊張が強いと発症しやすいため、ストレッチを中心としたリハビリテーションも非常に重要です。痛みに対して鎮痛剤の投与や、局所にステロイド剤の注射を行うこともあります。装具療法が有用なこともあります。

 しかし慢性化したジャンパー膝では、腱組織そのものが変性しているため治りにくく、手術が考慮される場合があります。最近では多血小板血漿(けっしょう)(PRP)療法、体外衝撃波治療などが試みられています。

 関節内に生じるオーバーユース障害としては、「離断性(りだんせい)骨軟骨炎」、「関節軟骨損傷」、「タナ障害」があります。

 離断性骨軟骨炎は軟骨がその下の骨とともに剝がれてしまうもので、原因については様々な説があります。初期では無症状であることが多く、病状の進行とともに運動時に膝の痛みを自覚するようになります。治療は発育期で病状が軽いものではスポーツ活動の禁止により治癒を図ります。しかし、病状が進行したものや骨成熟が終了している場合は自然治癒が難しいので、手術が必要となります。

 関節軟骨損傷は、膝のお皿の深部である膝蓋大腿関節に多くみられます。中高年のスポーツ愛好家、特にジャンプを多用するバレーボール競技者に多くみられます。治療は鎮痛剤やヒアルロン酸製剤の関節内注射、ストレッチや筋力訓練を中心とした運動療法が行われ、痛みが続く場合には手術が考慮されます。

 タナ障害は、膝蓋骨の内側に存在する滑膜(かつまく)ひだ(関節内に通常存在する滑膜がひも状になったもの)が、膝蓋骨と大腿骨に挟まれることで炎症を生じ、それにより厚くなったもので、膝前面に痛みを生じます。鎮痛剤や運動制限で治療しますが、時に手術が必要になることもあります。

 オーバーユース障害の発生要因としては、①筋肉の緊張が強いなどの身体要因②シューズや路面などの環境要因③原因動作の量や質に関わるトレーニング要因――の三つがあります。これらの要因を改善することが障害予防につながりますが、それにはリハビリテーションを含む専門知識・技術が必要です。個々の状態に応じた治療・アドバイスをしますので、スポーツに伴う慢性的な膝痛でお困りの方は、是非お近くの整形外科を受診してください。

<アピタル:弘前大学企画・骨と関節の病気 予防と治療>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hirosaki/(弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座助教 奈良岡琢哉)