[PR]

 県「道の駅」連絡会(事務局・福井河川国道事務所)は、19日の道の駅「禅の里」(永平寺町清水)のオープンに合わせ、全国初の「道の駅カード」を県内の15駅で先行販売する。

 道の駅は休憩や地場産品の販売などでにぎわい、地域交流の場や観光案内の拠点として注目を集めている。各地の駅を巡るファンもおり、カードを販売することで集客力を高める。

 カードはプラスチック素材で縦5・4センチ、横8・4センチ。表は各駅の写真とシリアルナンバーを印刷。裏には駅の基本情報やおすすめポイント、周辺の観光施設などが紹介されている。1枚200円(税込み)。県内15駅のカードを集めると記念品がもらえる特典付き。問い合わせは同連絡会事務局(0776・35・2661)。(堀川敬部)