[PR]

【松尾慈子】久しぶりにBL(ボーイズラブ)作品をご紹介したい。最近当コラムにBLの登場回数が少なくなっていたのは、編集部の方針などではなく、私がBL作品を新規開拓できなくなっていたからです。若手BL作家さんたちの作品に満ちる熱さとか同時代性とかに、私がついて行けなくなってきたからなんでしょうかね。私ももうアラフォーどころかアラフィフですから。

 そんな熱さと若さがはじけるBL作品群の中で、枯れた容貌(ようぼう)のオヤジを表紙にした本作はひときわ目を引いた。そして開くとカバーの折り返しが、漫画家自身の紹介ではなくて、この枯れたオヤジ(時代小説家)の著者紹介であるのに意表を突かれる。生粋のゲイである30前の男性編集者・若尾と、時代小説家・刃渡(わと)との恋を描いている。

 若尾は人事異動で、幼いころからファンだった作家・刃渡の担当をすることに。若いころは女優と浮名を流し、ちょっとしたしぐさにも色気を漂わせる刃渡に、若尾の心は落ち着かない。でも刃渡は明らかな異性愛者。ダメだと思っても止まらないのが恋心で、若尾はだんだん刃渡に魅入られていく。

 「君の…叱られた犬みたいな顔…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら