[PR]

 トレンドマイクロは9日、日本郵政を名乗るウイルスつきメール1万800通以上が、セキュリティーソフトなどのトレンド社製品利用者に送られていたと発表した。添付ファイルを開くとウイルス感染する。金融機関のネットバンキングサービスを使うとIDとパスワードが盗まれ、お金が引き出されてしまう恐れがある。ロシアのフリーメールアドレスで、「添付の委託運送状を印刷し、最寄りの郵便局までお問い合わせください」と書かれている。