[PR]

 来年4月、世界中から人が集まって認知症について話し合う国際会議が京都市で開かれます。運営を担う組織委員会の中に、認知症の本人である京都市の杉野文篤(ふみあつ)さん(62)が参加しています。認知症の人たちの思いを世界に発信したい。杉野さんの挑戦が始まっています。

来年4月、京都で国際会議

 アルツハイマー病と杉野さんが診断されたのは、京都市にある種智院(しゅちいん)大学の事務長として働いていた2013年、59歳のときだった。

 まず漢字を書くのが難しくなった。例えば「桃」という字が書きたくても、線と線の間隔がうまくとれない。書き順が分からない。パソコンの操作も徐々に厳しくなった。

 このままではいけないと、職場に伝えた。「迷惑をかけますが、おかしいと思うことがあったら言ってください」

 みなの反応は優しかった。部下たちに助けられ、学長も辞めなくていいと言ってくれた。

 だが、杉野さんは苦しんだ。

 学生数150人規模の大学の事務方のトップ。国への提出書類などの手続きだけでなくマネジメントも担い、経営事情も理解している。それだけに、自分がいなくなればその分の給料を他へ振り向けられる、とも考えた。

 このまま責任ある仕事を続けていいのか。でも辞めたところで、その先どうするか。寝ているときもうわごとを言うようになり、夜中に何度も目が覚めた。

 診断から1年後の60歳。先の展望が描けぬまま退職した。

     ◇

 家に引きこもって本を読むのも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース