[PR]

 JR岡山駅から桃太郎大通りを東に歩いて5分。飲食店の連なる通りに沿うように「西川緑道公園」は広がっている。岡山市内の中心部を南北に流れる西川用水の両側を、市が市民の憩いの場として約9年間かけて整備し、1982年に完成した。30年以上たった今も「緑と水の回廊」として市民に親しまれている。

 3月上旬の暖かな午後。子ども連れやお年寄りが木漏れ日に照らされた公園で散歩を楽しんでいた。記者も散策していると、目の前を大きな鳥が横切った。サギだろうか。カメラを構える間に鳥は羽を広げ、悠々と飛び去っていった。

 3歳の長男と川を眺めていた岡山市北区の岡辺莉花さん(26)は「買い物のついでに、子どもとゆっくり歩ける。木でビルが隠されるので、ちょっとした森に来たようです」とほほえんだ。

 緑道は昼は爽やかな公園、夜は繁華街として、常に人の流れが絶えない場所だ。近年、歩行者天国を市が実施したり、定期的に野外コンサートが開かれたりして、人気のスポットになっている。

 野殿橋付近で満月の週の夜に開…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら