[PR]

 九州・山口・沖縄で大災害が起きた際、ペットを保護する「九州災害時動物救援センター」が、大分県九重町に造られる。来年4月のオープンをめざす。環境省によると、災害時に都道府県域を超えてペットを保護する施設は全国初。

 動物愛護に取り組む一般社団法人「九州動物福祉協会」(福岡市)が、センターを設置、運営する。大規模な災害時に、飼い主とはぐれたり取り残されたりした犬や猫を、飼い主が見つかるまで保護する。

 元キャンプ場に造るセンターの広さは3万平方メートル。内陸で津波被害が想定されないことなどから選んだ。最終的には犬と猫計約500匹を受け入れる。九州・山口・沖縄の各県が被災地でペットを保護してセンターに移送。九州地区獣医師会連合会の獣医師が救護する。ふだんは、引退した警察犬や盲導犬の受け入れ施設として使うという。(平塚学)