[PR]

 全国47都道府県議の政務活動費と衆院議員資産の集計結果CSVファイルを朝日新聞デジタルで公開した取り組みが、一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構(VLED)による「2015年度のオープンデータに関する優れた取り組み」でニューメディアリスク協会賞を受賞し、11日、東京都内で表彰式があった。

 CSVはデータ交換しやすいファイル形式。朝日新聞では大阪社会部や政治部、全国の総局などの取材網を通じて入手した、国や地方自治体などの膨大なデータを、デジタル編集部がCSV形式に整理して都道府県や比例区別に分類し、ダウンロードして二次利用できるように提供した。CSVデータは政務活動費全国調査ページ(http://t.asahi.com/hgqq別ウインドウで開きます)、資産公開ページ(http://t.asahi.com/htdg別ウインドウで開きます)にある。

 VLEDは、公共機関が保有する貴重な情報をオープンデータとして公開することを推進し、ビッグデータとして活用することで新ビジネス創出や地方創生を進めることを目的に設立された一般社団法人。ニューメディアリスク協会は、ネット上の新しいメディアの調査研究などを手がけている一般社団法人。

 最優秀賞は「クルマと道の未来を描く もっと! しずみちinfo」〈静岡市、トヨタIT開発センター〉が受賞した。ほかの受賞は、優秀賞=政府標準利用規約改定(第2・0版)〈内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室〉▼優秀賞・Open Knowledge賞・全国地質調査業協会連合会賞=国土地理院におけるオープンイノベーションの取り組み〈国土地理院〉

 広域データ賞=福井県・県内17市町におけるオープンデータの共同公開〈福井県及び県内17市町〉▼笑顔賞=SIM熊本2030(対話型自治体経営シミュレーションゲーム)〈くまもとSMILEネット(熊本県職員自主活動グループ)〉▼CiP協議会賞=社会資源プラットフォーム ミルモシリーズ〈株式会社ウェルモ〉▼日本IBM賞=Code for Japan Summit 2015〈一般社団法人コード・フォー・ジャパン〉▼日本マイクロソフト賞=札幌オープンデータ協議会の活動〈札幌市、札幌市内の観光・スポーツ関連団体等〉▼融合研究所賞=Umbrella stand及びDust bin〈KDDI株式会社〉