[PR]

 多くのファンとマスコミが色々な意味で注目していた「震災から5年“明日へ”コンサート」(NHK)が12日、福島県で行われましたね。

 なぜ注目されていたかというと、それはもちろん、“騒動”以来、SMAPが初めて生歌を観客の前で披露するからです。

 オープニング。会場前に並んだSMAPの並びは中居正広くんがセンター。番組MCだから当たり前のことではあるのですが、それさえもマスコミの話題になっていましたし、そのとき、小声で話していた中居くんに対し、木村拓哉くんが「なんで……」とツッコミ、中居くんが近隣住民の方を気遣ってのことだと説明したくだりについても、「2人がしゃべった」とまた話題にされていました。特にスポーツ紙さんは、まだまだ“SMAP騒動”がネタだということなのでしょうか。

 でも、そうした“雑音”を消すかのように、中居くんの番組進行は本当に素晴らしかったですね。特に先輩歌手とのトークがいいんですよ。決して、こびているカンジにならず、でも、尊敬の気持ちは忘れていなくて、その歌手の方のエピソードがきっちり頭に入っている(事前に調べあげている)から、相手の懐にスッと入っていくことができる……。さすがに長年、音楽番組を仕切ってきた人は違うな~と感心しながら拝見しました。

 そんな中居くんが満面の笑みを浮かべたのはKis―My―Ft2との共演シーンでした。事前にメンバーの北山宏光くん、玉森裕太くん、二階堂高嗣くんが訪ねたのは、福島県小高地区で“お母さん”たちが昼間の3時間だけ営む「おだかのひるごはん」食堂でした。飲食店で働いた経験のない地元主婦の皆さんたちの「お客さん」は主に除染作業員の皆さんです。

 そこでまず、お昼をいただいた後、北山くんと玉森くんは食器洗いのお手伝い、二階堂くんはホールで接客のお手伝いをしましたね。

 その食堂はコンサート前日に閉…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら