[PR]

 家電量販店「ビックカメラ」の会員サイトにログインできる他人のIDとパスワードを持っていたとして、警視庁は中国籍で住居不定、無職の張偉容疑者(28)を不正アクセス禁止法違反(他人の識別符号の不正保管)の疑いで逮捕し、15日発表した。このIDで数十万円分の「ビックポイント」が不正に使われており、警視庁が関連を調べている。

 サイバー犯罪対策課によると、張容疑者の逮捕容疑は2月27日、ビックカメラの会員サイトの5人分のログイン用IDとパスワードを、自分のスマートフォン内に保管したというもの。同じ日に、このIDとパスワードを使った不正なログインがあり、計数十万円分のポイントでプリペイドカードが購入されていたという。

 張容疑者のスマートフォンを解析したところ、ネット上で会話できる「チャット」で他人のIDやパスワードを知らされ、店に商品を取りに行くように指示された形跡があった。同課は、張容疑者は商品の引き取り役で、他に指示や不正アクセスをするメンバーがいるとみて調べている。