[PR]

 野良猫の増えすぎを防ぐため、餌やりを規制する条例案が、17日午後にも和歌山県議会で可決する見通しとなった。ルールを無視して餌を与えた場合、勧告・命令を受けても改善しなければ、5万円以下の過料が科される内容だ。和歌山県によると、罰則がある条例は京都市や東京都荒川区などで先行例があるが、都道府県では初めてという。

 県提出の条例案は、主に犬の飼い方などを定める県動物愛護管理条例を改正し、野良猫に繰り返し餌をやる場合に守るべきルールを、不妊去勢手術がされている▽排せつ物を処理する▽周辺の住民に説明して理解を得る――などとした。

 県食品・生活衛生課によると、県内で猫の排せつ物や鳴き声などへの苦情や相談が2006年度の129件から14年度には212件に増えた。猫の殺処分数は、06年度の3951匹から14年度は2568匹で減りはしたものの、人口10万人あたりの数が10年度から4年連続で都道府県ワースト4位になっている。県は条例改正で野良猫の繁殖を抑え、殺処分を減らしたい考えだ。

 県は昨年8月、飼い猫以外への餌やりを原則禁止する案を発表。しかし県内外から900件以上の意見が寄せられ、「野良猫を餓死させるのか」「(和歌山電鉄の三毛猫の)たま駅長が死んだ途端、恩をあだで返すのか」などの反対が多かった。そのため衰弱した猫への餌やりを認めるなどの修正をへて、今年の2月議会に提案された。施行は17年4月1日の予定で、約1年間を周知期間にあてる。(滝沢文那