[PR]

 プロ野球・巨人の1軍選手が自チームの試合結果を対象に金銭のやりとりをしていた問題で、新たに阪神と西武が15日、同様の事実があったことを明らかにした。野球ファンが見守る公式戦での金銭のやりとりが他球団でも常態化していた実態が浮き彫りとなった。

 阪神の四藤慶一郎球団社長は、兵庫県西宮市内で取材に応じ、試合前の野手による円陣で声出し役を務めた選手に対し、チームが3連勝の場合は「ご祝儀」として1人が5千円ずつを出し合っていたと認めた。4連勝でさらに5千円が加算されていく仕組みで、5年前から行われていたという。

 さらに、2014年には試合前ノックの際、ミスをした選手が1度につき500円の罰金も支払っていた。ノックの罰金は、巨人の賭博問題を受けた昨秋の調査で把握していた。四藤社長は「こういうことが賭博行為につながりかねない。金銭のやりとりは一切やめようと確認した」と語った。

 また、西武の鈴木葉留彦球団本部長は埼玉県所沢市で取材に応じ、「声出し」「ノック罰金」の事実があったことを認めた。4~5連勝した場合、野手は試合前の円陣で声出しした選手へ、験担ぎの祝儀として千円ずつ渡した。投手はノックによる守備練習でミスをした者から、罰金として数百円程度を徴収。金はプールされて選手会の納会などに使われた。それぞれ、2、3年前から行われていたという。

 西武は、昨秋の巨人選手による野球賭博問題発覚以降、調査を続けていたが、事実は判明しなかった。鈴木本部長は「今日、阪神さんであったということで、事実確認をしたところ判明した。調査不足だった感はある。もう何も出ないということを信じている」と話した。

 プロ野球選手の金銭のやりとりを巡っては、昨秋に巨人で野球賭博が発覚。今月新たに関与した投手が明るみに出た。14日は、巨人と日本野球機構(NPB)が、巨人の1軍の大半の選手が公式戦で円陣を組むなどした際に、「がんばろう」などと声を出す選手と、その他の選手で自チームの勝敗を対象に金銭のやりとりがあったことを認めた。同球団とNPBはこの問題を昨秋に把握していたが、賭博行為には当たらないとして、公表していなかった。