[PR]

 「ラッシュ」と呼ばれる液体の危険ドラッグの原料を販売したとして、近畿厚生局麻薬取締部は16日、香港在住の貿易業、高木一祥(かずよし)容疑者(48)を医薬品医療機器法違反(指定薬物の製造)幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕したと発表した。1~2月にNHKアナウンサーや大阪府富田林市職員らが相次いで製造などの容疑で逮捕された事件の売人だった疑いが持たれている。

 ラッシュは現在、国内で流通している危険ドラッグの大半を占めている。取締部によると1~2月、NHKアナウンサーの男性(38)▽富田林市職員の男性(33)▽福岡県の陸上自衛官の男性(49)=いずれも懲戒免職、肩書は当時=ら11人が相次いで製造・所持の容疑で各地の麻薬取締部に逮捕された。

 近畿厚生局麻薬取締部が捜査したところ、いずれも高木容疑者が原料を売った疑いが浮上。証拠が確かだとして、うち5人に対する販売の疑いで1月~今月15日に高木容疑者を逮捕、追送検した。4人分の事件はすでに起訴された。

 逮捕・送検容疑は、混ぜ合わせるとラッシュができると知りながら昨年7月、富田林市職員に数種類の化学薬品を販売した疑いなど。高木容疑者は「原料を売って作り方を教えた」と容疑を認めているという。

 取締部によると高木容疑者は、香港から原料を持ち込み、家族が暮らす東京都大田区のマンションで仕分け。スポイト、計量カップ、小瓶をつけた「合成キット」を原料と一緒に客に郵送していた。取締部は家族宅から計61キロ分の7種類の化学薬品を押収。10ミリリットル入りの瓶(末端価格約5千円)で約750本が作れる量という。

 高木容疑者は数年前から、ラッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら