[PR]

 岐阜県警の警察官舎の共益費が着服された事件で、業務上横領容疑で書類送検された県警各務原署の元巡査長の男性(26)について、岐阜地検は17日、不起訴処分(起訴猶予)とした。地検は処分理由について「諸般の事情を考慮した」と説明している。

 元巡査長は同県各務原市の警察官舎の会計担当者だった2014年6月~15年9月、住人から集めた共益費など約30万円を銀行口座から引き出し、着服した疑いがあるとされた。県警は今年1月15日、減給の懲戒処分とし、元巡査長は同日付で依願退職した。