[PR]

 平日は駄菓子店の若旦那。週末はライブハウスでピエロ姿のボーカリスト。ロックの殿堂「新宿ロフト」への最多登場記録を持つ51歳は、30年以上活動し続ける「奇跡の存在」としてステージに立つ。

 3月。八王子市にある立ち見席の小さなライブハウスに若いバンドが次々と登場する中で、ピエロのメイクと衣装のおじさんが現れた。マイクを片手にステージを駆け回ったかと思えば、オヤジギャグを飛ばして笑いを取る。オールドファンや若者から「あっちゃん」と声援が飛ぶ。

 1984年結成のパンクロックバンド「ニューロティカ」。ロックの殿堂「新宿ロフト」でのライブ回数は最多で、250回を超える。ピエロ姿のおじさんは、ボーカルのアツシこと井上篤さん(51)。結成当初からの唯一のメンバーで、かつてのバンドブームで一世を風靡(ふうび)した、知る人ぞ知るボーカリストだ。市の観光PR特使も務める。週末はピエロ姿でおどける井上さんだが、平日は市内で母と営む駄菓子店の店番をする。常連客は近所の高齢者で、バンド活動がメディアに取り上げられると「あっちゃん、報われたねぇ」と声をかけられる。

 高校の文化祭からコピーバンド…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら