[PR]

 見ると今日は前歯が一枚欠けている。「君歯をどうかしたかね」と主人は問題を転じた。「ええ実はある所で椎茸(しいたけ)を食いましてね」「何を食ったって?」「その、少し椎茸を食ったんで。椎茸の傘(かさ)を前歯で嚙(か)み切ろうとしたらぼろりと歯が欠けましたよ」「椎茸で前歯がかけるなんざ、何だか爺々(じじい)臭いね。俳句にはなるかも知れないが、恋にはならんようだな」と平手で吾輩の頭を軽(かろ)く叩(たた)く。「ああその猫が例のですか、なかなか肥(ふと)ってるじゃありませんか、それなら車屋の黒にだって負けそうもありませんね、立派なものだ」と寒月君は大に吾輩を賞(ほ)める。「近頃大分大きくなったのさ」と自慢そうに頭をぽかぽかなぐる。賞められたのは得意であるが頭が少々痛い。「一昨夜もちょいと合奏会をやりましてね」と寒月君はまた話しをもとへ戻す。「どこで」「どこでもそりゃ御聞きにならんでもよいでしょう。ヴァイオリンが三挺(ちょう)とピヤノの伴奏でなかなか面白かったです。ヴァイオリンも三挺位になると下手(へた)でも聞かれるものですね。二人は女で私(わたし)がその中へまじりましたが、自分でも善(よ)く弾(ひ)けたと思いました」「ふん、そしてその女というのは何者かね」と主人は羨(うらや)ましそうに問いかける。元来主人は平常枯木寒巌(こぼくかんがん)のような顔付はしているものの実のところは決して婦人に冷淡な方ではない、かつて西洋の或る小説を読んだら、その中にある一人物が出て来て、それが大抵の婦人には必ずちょっと惚(ほ)れる。勘定をして見ると往来を通る婦人の七割弱には恋着するという事が諷刺的(ふうしてき)に書いてあったのを見て、これは真理だと感心した位な男である。そんな浮気な男が何故(なぜ)牡蠣的生涯を送っているかというのは吾輩猫などには到底分らない。或人は失恋のためだともいうし、或人は胃弱のせいだともいうし、また或人は金がなくて臆病(おくびょう)な性質(たち)だからだともいう。どっちにしたって明治の歴史に関係するほどな人物でもないのだから構わない。しかし寒月君の女連れを羨まし気に尋ねた事だけは事実である。寒月君は面白そうに口取(くちとり)の蒲鉾(かまぼこ)を箸(はし)で挟(はさ)んで半分前歯で食い切った。吾輩はまた欠けはせぬかと心配したが今度は大丈夫であった。「なに二人ともさる所の令嬢ですよ、御存じの方(かた)じゃありません」とよそよそしい返事をする。「ナール」と主人は引張ったが「ほど」を略して考えている。寒月君はもう善(い)い加減な時分だと思ったものか「どうも好(い)い天気ですな、御閑(おひま)なら御一所に散歩でもしましょうか、旅順(りょじゅん)が落ちたので市中は大変な景気ですよ」と促がして見る。主人は旅順の陥落より女連(おんなづれ)の身元を聞きたいという顔で、しばらく考え込んでいたが漸く決心をしたものと見えて「それじゃ出るとしよう」と思い切って立つ。やはり黒木綿の紋付羽織に、兄の紀念(かたみ)とかいう二十年来着古るした結城紬(ゆうきつむぎ)の綿入(わたいれ)を着たままである。いくら結城紬が丈夫だって、こう着つづけではたまらない。所々が薄くなって日に透かして見ると裏からつぎを当てた針の目が見える。主人の服装には師(し)走(わす)も正月もない。ふだん着も余所(よそ)ゆきもない。出るときは懐手(ふところで)をしてぶらりと出る。外に着る物がないからか、あっても面倒だから着換えないのか、吾輩には分らぬ。但しこれだけは失恋のためとも思われない。

 両人(ふたり)が出て行ったあとで、吾輩はちょっと失敬して寒月君の食い切った蒲鉾の残りを頂戴(ちょうだい)した。吾輩もこの頃では普通一般の猫ではない。先(ま)ず桃川如燕(ももかわじょえん)以後の猫か、グレーの金魚を偸(ぬす)んだ猫位の資格は充分あると思う。車屋の黒などは固(もと)より眼中にない。蒲鉾の一切位頂戴したって人からかれこれいわれる事もなかろう。それにこの人目を忍んで間食をするという癖は、何もわれら猫族に限った事ではない。うちの御三(おさん)などはよく細君の留守中に餅菓子などを失敬しては頂戴し、頂戴しては失敬している。

   …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも