[PR]

 名古屋市のコーヒーの「焙煎(ばいせん)士」が世界に挑む。コーヒー豆販売店「ゴルピーコーヒー」などを営む河合佑哉さん(29)は、今月末から中国・上海である世界大会に、日本代表として出場する。

 コーヒーの風味の決め手は、豆を高温で熱し香りや味わいを引き出す「焙煎」だ。

 河合さんは昨年11月、「焙煎士の世界での自分の立ち位置を知りたい」と、日本スペシャルティコーヒー協会が主催する全国大会に出場。参加者は、河合さんも含め、70人からなる予選を勝ち抜いた8人。与えられた豆の比重や水分量を正しく計測し、豆の個性を引き出して、事前に申告した通りの風味に焙煎できるかを競い合った。

 競技では、いつも使っている焙…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース