[PR]

 米IT企業グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した人工知能(AI)「アルファ碁」の衝撃は、世界最強棋士の一人を4勝1敗で破った結果だけにとどまらなかった。イ・セドル九段との全5局にはプロ棋士(人間)の感覚との違いが詰まっていた。

 プロに勝つにはあと10年はかかるといわれたコンピューター囲碁。「アルファ碁」を超人的な実力に引き上げたのは、画像認識などで注目が集まる「ディープラーニング(深層学習)」という手法だった。盤上に並ぶ石の形の良さなどを人が教えるのではなく、人工知能が自ら気づくことができる。膨大な数の人間の棋譜から学び、自己対局を3千万回も繰り返した。

 人間とは違う感覚としてプロ棋士たちの話題にのぼったのは第2局の序盤から中盤にかけてだ。

 1図の白1(6手目)以下はプ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース