【パノラマ動画】猫カフェ@渋谷=2016年1月26日、竹谷俊之撮影
[PR]

360度動画「いきもの目線」

 猫カフェ「MoCHA(モカ)渋谷店」は、ゆったりとしたつくりだ。ビルの最上階とその下のフロアが階段でつながっており、約20匹の猫が自由に行き来する。踊り場や壁、ドーナツ型のカウンターの足元などには、猫たちが隠れ場所に使う小さなトンネルもしつらえてある。どちらの階からも、大きな窓から渋谷のビル街が遠くまで見渡せる。

 この店の特徴は、外国人の多さだ。アジアだけではなくヨーロッパからも、若い観光客が次々と訪れる。世界的な旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」にも、「Cat Lovers Paradise(猫好きの天国)」といった評価が投稿されている。

 店も海外発信に積極的だ。フェイスブックでは、猫の誕生日祝いの様子などを日本語と英語で投稿する。入り口のカウンターには「入店前に手洗いを」「猫たちを抱き上げないで」といった、店のルールを説明する英語と中国語のボードも用意している。

 3月には3号店となる原宿店もオープンした。早速、外国人客に人気で、客の2~3割を占めるという。原宿店の栗山恵里奈店長(26)は「猫を飼っていますか、などと話しかけています。英語での応対に慣れてきました」と話す。マレーシア人の会社員フェリックスさん(32)はガールフレンドと来店。マレーシアには猫が街のシンボルになっている都市もあるというが「猫とこうして遊べるカフェはない。すごく新鮮です」と喜んでいた。(崔採寿)