[PR]

 NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ、本部・神石高原町)は30日、犬を保護する新犬舎4棟が4月中下旬から6月にかけて順次完成するとして、「4月から行き場のない殺処分対象の犬を全頭引き取る」と発表した。記者会見した大西健丞(けんすけ)代表理事(48)は「県内の殺処分をゼロにできる。次はゼロを維持することに挑戦していく」と話した。

 PWJは国内外での災害支援や災害救助犬の育成に取り組み、2012年6月から犬の保護を始めた。「飼えなくなった」と持ち込まれたり、迷い犬になったりして県動物愛護センター(三原市)などで殺処分された県内の犬・猫が11年度に8340頭(犬2342頭)と全国最多になったことを受け、16年6月までに県内の犬の殺処分をゼロにする目標を掲げた。

 これまでに神石高原町上豊松に約240頭を保護できる施設、広島市や神奈川県には新しい飼い主を見つける譲渡施設を設置。今年2月までに567頭を保護し、うち293頭を新たな飼い主に譲渡したり、元の飼い主に返したりした。

 さらに神石高原町相渡に計約3…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら