[PR]

 ニュージーランド(NZ)の国旗を変えるかどうかを問う住民投票で、同国選挙管理委員会は24日、暫定結果として、英国の「ユニオンジャック」が付いた現行の国旗支持が56・6%で新デザインに勝ったと発表した。確定結果は今月30日に発表される見込み。

 住民投票は今月3日から24日まで郵送方式で行われた。ラグビー代表オールブラックスのロゴにも使われている「シルバー・ファーン」と呼ばれるシダと南十字星をあしらった新デザイン支持は43・2%。暫定投票率は67・3%だった。

 昨年、現行国旗と二者択一するための新デザインを選ぶ1回目の住民投票を行っており、今回は決選投票となった。「ユニオンジャック付きは植民地の名残で、今のNZの象徴ではない」などとする変更派と、「100年以上使ってきた国旗を変える必要はない」などとする維持派に意見が分かれた。新デザインはキー首相らも支持したが及ばなかった。

 キー首相は同日夜、記者会見を開き、「少しがっかりしているが、100万人近くが新国旗を支持したのは意味がある」などと述べた。(シドニー=郷富佐子