[PR]

 「首懸の松は鴻(こう)の台(だい)でしょう」寒月が波紋をひろげる。

 「鴻の台のは鐘懸(かねかけ)の松で、土手三番町のは首懸の松さ。なぜこういう名が付いたかというと、昔しからの言い伝えで誰でもこの松の下へ来ると首が縊りたくなる。土手の上に松は何十本となくあるが、そら首縊りだと来て見ると必ずこの松へぶら下がっている。年に二、三返はきっとぶら下がっている。どうしても他(ほか)の松では死ぬ気にならん。見ると、うまい具合に枝が往来の方へ横に出ている。ああ好い枝振りだ。あのままにして置くのは惜しいものだ。どうかしてあすこの所へ人間を下げて見たい、誰か来ないかしらと、四辺(あたり)を見渡すと生憎(あいにく)誰も来ない。仕方がない、自分で下がろうかしらん。いやいや自分が下がっては命がない、危ないからよそう。しかし昔の希臘(ギリシャ)人は宴会の席で首縊りの真似(まね)をして余興を添えたという話しがある。一人が台の上へ登って縄の結び目へ首を入れる途端に他のものが台を蹴返(けかえ)す。首を入れた当人は台を引かれると同時に縄をゆるめて飛び下りるという趣向である。果してそれが事実なら別段恐るるにも及ばん、僕も一つ試みようと枝へ手を懸けて見ると好い具合に撓(しわ)る。撓り按排(あんばい)が実に美的である。首がかかってふわふわするところを想像して見ると嬉しくて堪(たま)らん。是非やる事にしようと思ったが、もし東風が来て待っていると気の毒だと考え出した。それでは先ず東風に逢って約束通り話しをして、それから出直そうという気になって遂にうちへ帰ったのさ」

 「それで市(いち)が栄えたの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも