[PR]

 米司法省は24日、米国の46の金融機関やダムを対象にサイバー攻撃をしたとして、イラン政府と関係があるイラン人7人をコンピューターハッキングの罪で起訴したと発表した。イラン政府の関係者が、サイバー攻撃に関与したとして米国で訴追されたのは初めて。

 司法省によると、7人は革命防衛隊を含むイラン政府の仕事を請け負っているコンピューターセキュリティー会社に勤務。2011年から13年にかけて、JPモルガンチェースやシティバンクなど米国の主要金融機関や、ニューヨーク証券取引所のシステムに大量のデータを送りつける「DDoS攻撃」を加えたとされる。その結果、金融機関はオンラインサービスなどが提供できなくなり、対応のために数千万ドルの損害を負ったという。

 また、7人のうちの1人は、13年にニューヨーク州ライにあるダムの制御システムに侵入し、水量や操作に関する情報を得たとされる。通常なら水門を操作することもできたが、当時は保守作業のためシステムから切り離されていたため、できなかったという。

 10年には米国が、コンピュー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも