[PR]

 北海道新幹線が26日、開業する。JR大宮駅から新函館北斗駅までを最短3時間38分で結び、県民にとって北海道はより身近な存在になる。新幹線の乗降客を街に呼び込んで、活性化につなげようと地元の期待も高まっている。

 開業を翌日に控えた25日朝、大宮駅周辺の商店街や企業で働く人たち約200人が、「きれいな街でおもてなししよう」と清掃活動に励んだ。参加した大宮東口商店街連絡協議会の新井正男会長(71)は「開業をきっかけに、大宮の魅力を全国に発信したい。まずは大宮名物になるグルメをつくって観光客を呼び寄せたい」と意気込む。

 複数の在来線だけでなく、大宮駅には北海道新幹線を含む新幹線6路線が乗り入れるようになる。「北の玄関口」を抱えるさいたま市は、東日本各地との連携を進めようと、昨年10月に新幹線沿線の市など17市で「東日本連携・創生フォーラム」を開催。同駅近くに東日本各地の特産品や情報を扱う拠点を設けようと動き始めた。

 さいたま市の清水勇人市長は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら