[PR]

 いつになく出が真面目だと主人が思う。迷亭先生の手紙に真面目なのは殆んどないので、この間などは「その後別に恋着せる婦人も無之(これなく)、いず方(かた)より艶書も参らず、先ず先ず無事に消光罷(まか)りあり候間、乍憚(はばかりながら)御休心可被下候(くださるべくそろ)」というのが来た位である。それに較(くら)べるとこの年始状は例外にも世間的である。

  「ちょっと参堂仕(つかまつ)りたく候えども、大兄(たいけい)の消極主義に反して、出来得る限り積極的方針を以て、この千古未曾有(みぞう)の新年を迎うる計画故、毎日々々目の廻るほどの多忙、御推察願上候(ねがいあげそろ)……」

 なるほどあの男の事だから正月…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも