[PR]

 何だとうとう担(かつ)がれたのか、あまり書き方が真面目だものだからついしまいまで本気にして読んでいた。新年匆々(そうそう)こんな悪戯(いたずら)をやる迷亭はよっぽどひま人だなあと主人は笑いながらいった。

 それから四、五日は別段の事もなく過ぎ去った。白磁の水仙がだんだん凋(しぼ)んで、青軸(あおじく)の梅が瓶ながら漸々(だんだん)開きかかるのを眺め暮らしてばかりいてもつまらんと思って、一両度三毛子を訪問して見たが逢われない。最初は留守だと思ったが、二返目には病気で寐ているという事が知れた。障子の中で例の御師匠さんと下女が話しをしているのを手水鉢(ちょうずばち)の葉蘭(はらん)の影に隠れて聞いているとこうであった。

 「三毛は御飯をたべるかい」「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも