[PR]

 岡山県津山市は、第5次総合計画(2016~25年度)の策定に合わせて新しい市勢要覧を発行した。「津山愛」をコンセプトに写真を中心に編集し、津山の魅力を多彩な内容で発信。巻頭特集には、人気ロックバンド「B’z」のボーカルで津山出身の稲葉浩志さんの寄稿文を写真付きで掲載した。

 稲葉さんの寄稿文のタイトルは「Made in Tsuyama」。書き出しは「その昔、高校を卒業するまで、旅行も全く好きではなかった私にとっては、ほぼ津山だけが自分の世界でした。半分鎖国のようなものだったかもしれません」。

 自宅2階の部屋でステレオのボリュームを上げ、ロックを聴き続けた日々を振り返り、「イギリスやアメリカなどからやってきたロックソングは津山のその部屋で毎日のように鳴らされ続け、親の怒鳴り声や蝉の声や雪景色などと混ざり合い、独自の音楽体験となり、私の体に刻み込まれ血となり肉となりました」とつづっている。「自分の歌のスタイルが培われた」として「私は津山出身ですが、歌い手としての稲葉も『津山産』だと胸を張って言えます」と締めくくっている。

 市によると、稲葉さんが登場するのは2006年に発行した前回の市勢要覧に続いて2回目となる。前回は2千部を無料配布したが、市外からも問い合わせが相次ぐなど大きな反響を呼び、その後、3千部を増刷した。今回は市の知名度アップを図るためのプロモーションを兼ねる冊子として位置づけ、希望者には有料で提供することにした。

 冊子にはU・Iターンの創業支…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら