【動画】絵音さんが就活学生に向けて応援メッセージ=佐藤正人撮影
[PR]

就活する君へ

 就職面接では、限られた時間で自分をアピールし、会社から次も会いたい人だと選択してもらわなければなりません。一方、就活生側の見る目も大事。その会社に就職したいと思えるかを見極めることも重要です。これと同じような場が、日常生活でもありますよね。そう、合コンです。普段は接しない異性同士が初対面で食事をしながら会話をし、自分を伝えつつ相手を知る出会いの場。そんな合コンを2千回以上繰り広げた日本合コン協会会長の絵音さん(32)に、合コンから学ぶ就活面接の攻略法を聞きました。

     ◇

 ――まず、日本合コン協会とは何ですか。

 「合コンを活性化して男女の恋愛意欲を促進し、未婚化・少子化を防ぐというのが協会の活動テーマです。合コンで経済活動を活性化させ日本を元気にし、また、日本特有の文化である合コンを世界に広めようと考えています。4月からは合コンの正しい知識や技術を習得する『合コンマスター講座』を開講します。いま、合コン市場はアラサー以上が主体で、若い世代、特に大学生はやったことがない人も多い。恋愛だけが目的ではなく、コミュ力を磨き、人脈を広げる有効な場に出ていないというのは、もったいない」

 ――なぜ、そこまで「合コン推し」なのでしょうか。

 「いまの私のすべてをつくってくれたからです」

 「合コンに目覚めたのは23歳。大卒で普通に就活しました。エンタメ系の業界を志望していて、ある会社の面接を受けていたときに『社員より出る側になれば』と勧められ、グラビアアイドルになったのが転機です。それから3、4年間は合コンざんまい。一晩で19時スタート、21時スタート、23時スタートといったトリプルヘッダーや、居酒屋ビルで階が重ならないように合コン会場を設定して、行ったり来たりして回ることも。1千回はやりましたね」

 「合コンは2時間の勝負。回数をこなすうちに、盛り上げ方やモテ方、気遣いや準備の大切さなど、社会人として必要なスキルを身につけられました。そのうち、合コンで得た人脈から企業のリリースイベントの幹事なども引き受けるようになって、幹事業務が仕事のようになった。だったら、合コンも仕事にしようとプロデュース会社を起業しました。これが協会の前身です」

自己紹介は検索ワードを入れろ

 ――合コンで就職面接に生かせることはありますか。

 「あります。というよりも、ほとんど全て生かせます」

 「まず準備。合コンを組む場合、年齢や職業など相手の基本的なスペックや会場の飲食店がどんな料理か、などの情報を仕入れますよね。どんな会話が共通の話題かといったことを、ある程度頭に入れておけば、スタートがスムーズに進みます。初対面で『知らなかった』と言うより、『そうですよね』と言う方が、相手に興味を持っていることが伝わるし、相手はうれしいじゃないですか。就職面接だって、受ける企業のことを知らないなんてありえない。事前の情報の仕入れは大事です」

 「合コンでは自己紹介が最初のポイントです。①名前②職業③休日の過ごし方が三点セットです。まず、大きな声で言うこと。ぼそぼそしていたらやる気がないように見えます。そして③では、検索ワードをたくさん入れること。例えばただ単に『映画を見に行きます』というより、『最近は銀座で○○監督の△△という映画を見ました。ラブストーリー好きなんですよね』と、検索ワードをたくさん入れた方が、その後の会話で『銀座にはよく行くんですか』とか『○○監督の▽▽もよかったですよね』などと、会話の幅が広がります」

 「面接の自己紹介だと、①名前②大学名③学生時代にがんばったことが三点セットでしょうか? ③には面接担当者が興味を引くような検索ワードをたくさんいれましょう。ただし、長すぎるのは禁物です。他の就活生のアピール時間を奪うような長さは、協調性がないと思われてしまいます。説明するのではなく、検索ワードを並べるというイメージです」

 「こうした必ず聞かれる話題は、必ず事前に仕込んでおくべきです。一度も口に出したことがない話題をアドリブでうまく話せることって奇跡ですよ。合コンでも面接でも、これは話すという話題は、鏡の前で自分を見ながら実際に口に出してみて練習をしておいた方がいいですね。さらに、どう突っ込まれて、どう返すか、というパターンのシミュレーションも役に立ちます」

目立つ人と無理に張り合うな

 ――自分のことを熱く伝えようとすると、自慢話になってしまいがちですよね。

 「これは本当によくありますね。『合コンじゃなくて講演会だったね』と、女子の反省会で言われる残念なパターンですね。このワナは、自分の実績や成果を会話の結論に持ってくるからダメなんです。聞いている方は結論が自慢だととしらけてしまいます。会話の途中に実績や成果を挟みつつ、それを踏まえて、いま興味があることや頑張っていること、今後やりたいと思っていることなどを結論に持ってくれば、自慢話には聞こえずに、経験を伝えることができますし、次の会話につながります。大学時代にがんばったことを踏まえつつ、御社でやりたいことにつなげていけば、相手も『なるほど』となるのではないでしょうか」

 ――合コンは一体感が大事と説いていますね。面接ではグループディスカッションなど集団で話す場もあります。目立つことが苦手な人はどうすればいいでしょうか。

 「無理に張り合わないことですね」

 「会話の中心にいて引っ張っていくような人は必要です。ただ、全員が『俺が俺が』という感じだと、場の一体感は破綻(はたん)します。うまく会話に入れないようなタイプの人はいいタイミングでうなずいたり、『そうですね』と相づちを打ったり、一体感を損なわないようなフォロー役に回るのがいいでしょう。そういう人も貴重な存在だし、また会いたいなと思ってくれる人はいます」

 「企業だって全員がスタープレーヤーになりたがりだったら、うまくいかないでしょう。組織は目立つ人だけを必要としているわけではありません。いろいろな個性を採用したいと思っています。業務遂行の上で役割分担は大事です」

 「一方で、自分の意見をどんどん言える人は、あまり意見を言わない人にも、会話の水を向けるように心がけることです。周囲の人はあなたの話を『うん、うん』と聞いているように見えても、会話の内容なんてたいして気にしていないものです。初対面の人に『すごさ』を強調しても、好印象は与えません。それよりも気遣いや視野の広さをアピールした方が、また会いたいなと思われます」

弱みは先にさらけ出せ

 ――合コンでは基本的に和やかな雰囲気で進むでしょうけど、就活では圧迫面接と呼ばれる重苦しい会話もあります。

 「圧迫面接とは、面接担当者がコンプレックスや弱点を突いてきて、返答に窮する状況でしょう。合コンにも触れてはいけない話題といったタブーが存在しちゃう人っていますよね。みんなその話題には触れないように探り探り。それだと空気が重くなりますよね。それを解消する方法は、自分のコンプレックスや弱点を先んじて認めちゃうことです。むしろネタにして笑いに変えちゃうくらい明るく言いましょう。『合コンって緊張してしまって……』と相談を受けることがあります。だったら最初のあいさつで『いま緊張しています!』と大きな声で宣言した方がいいよ、とアドバイスします。自分の弱点をさらけ出してしまった方が、周囲は温かく見守ってくれますし、相手には器の大きさのアピールにもなります。相手に自分の弱点をきちんと認識していて、前向きに弱点を克服しようとしているというアピールに変えちゃいましょう」

 ――見た目はどうでしょうか。就活はみなリクルートスーツを着て、外見は没個性的になります。

 「見た目は印象を決める大きな要素です。絶対条件は清潔感。最低条件は個性を主張しようとして悪目立ちしないことですね。合コンではハンカチを持っていることをすすめます。飲み物や食べ物がこぼれたとき、さりげなくハンカチを出してくれたら、さりげなく優しさと育ちの良さをアピールできます。就活も目立つネクタイや化粧や髪形の盛り方などではなくて、靴がキレイとか、爪をちゃんと切っているとか、普段どんな感じかがわかるちょっとした心がけがアピールにつながるのではないでしょうか」

 「テクニカルなことを言えば、前髪は上げた方がいいですね。前髪を上げて額が見えると明るくて自信があるような印象をもたらします。逆に、前髪で見える顔の面積が少ないと、何か隠しているような印象を受けます。履歴書の顔写真も注意。合コンでは事前に幹事同士が写メを送りあうことがありますが、相手の外見が実際会ったときに残念なことになると、いきなりマイナススタートです。こういう『下げギャップ』からのスタートとなると、評価を上げるのは難しい。逆に『思ったよりいいじゃん』という印象から始まる『上げギャップ』はアドバンテージになります」

必ず何かを持ち帰る

 ――「失敗合コン」のように、面接では「この会社はないな」と就活生側が思う場合もあると思います。

 「失敗合コン? そのとらえ方は全然ダメですね」

 「確かにノリが合わなかったり、期待と違ったりする合コンは聞きます。でも、早々に失敗と片付けてしまい『早く帰りたいな』などと考えてしまうのは絶対ダメです。失敗合コンだと感じたときこそ、自分の成長につながるチャンスだととらえてほしいです」

 「例えその場には恋愛対象になる人がいなかったとしても、どんな会話が受けるかを試したり、仲間がどんな会話をして盛り上げるかを観察したり、学べることはいくらでもあります。それに、相手はまだ見ぬ男友達・女友達とつながっています。人脈を次の合コンにつなげるべきです。ゼロから幹事を探すよりも、相手もわかっていて安心ですし効率的。『またやろうね』という雰囲気で終えた方がお互いにいい時間を過ごせたと気持ちよく帰れます。学ぼうという姿勢を失わなければ、合コンからは必ず得るものがあるのです」

 「就活面接でも『この会社はないな』と思ったとしても、せっかく貴重な時間を費やして足を運んでいるわけですから、必ず何かを持ち帰りましょう。他の就活生のアピールをじっくり聞いて、『なるほど、今のはうまいな』と参考になることもあるでしょう。会場で就活仲間を作れば、今後、情報交換することできるでしょう。また、面接担当者に『あなた自身はなぜA社ではなくて、御社を選んだのか』などと思い切って質問して、リアルな業界情報を聞き出すことだってできますね」

誠意がご縁を呼ぶ

 ――今年の就活は学生が売り手市場と言われます。企業が就活を打ち切らせるオワハラ問題もあります。たくさん内定が出た場合でも、ひとつに選ばなければいけません。

 「一つひとつを大事にすることでしょうね。合コン市場では女子は24歳が最高値と言われます。24歳といえば社会に出て2、3年経ち、ある程度社会人の常識を身につけ、大人の会話もできる年齢ですね。そのモテ期が一生続くと勘違いしてしまって上からな姿勢にでると、先々苦労します。一つの出会いを大事にしない人にはツケが回ってきます。断るにしても迷っていると伝えるにしても、誠意が伝われば相手も誠意で返してくれますよ。24歳のときはご縁がなくても、そのまま連絡を取り合って友人関係を続け、適齢期に交際に発展することだってあります」

 「就活でも相手には『実は他社も選考が進んでいます』『C社からも内定をいただいていて、悩んでいます』と正直に話しましょう。それで切られるのなら仕方ないのではないでしょうか」

 「恋愛だって交際に発展した場合、ずっと駆け引きを続けるのは無理ですよね。就活だって、企業と駆け引きをして内定を受けたとしても、実際に働き始めてからが大変なのではないでしょうか。正直になった方が、先々を考えればメリットは大きいはずです」

 「また、たくさんの異性からアプローチがあって、手持ちのカードが多いことを誇っても仕方ないでしょう。就活も内定をたくさん得るゲームではないですよね。恋愛も就活もゲームのような感覚で取り組むと、結婚や就職の先にある本当の豊かな人生は見えてこない気がします」

 ――最後に就活生へメッセージを。

 「私は常々『合コンは2時間の戦場』と言っています。1分1秒でも無駄な時間はないし、無駄にしてはいけません。場が和んでくると、この時間が心地いいと油断しがちです。でも2時間が終わって、自分はまた会いたいと思ったとしても、相手も同じように思っているかはわからないのです。就活面接も1分1秒を無駄にしてはいけません。『面接は手応えがあったのに、次にすすめなかった』という人がいますが、それは自己満足しただけで、面接担当者には響かなかったということです」

 「では実践編として、まず何から始めるか――。もちろん合コンです」

     ◇

 絵音(えのん) タレント、合コンシェルジュ(合コン専門家)。グラビアアイドル時代の1千回の合コン経験を経て、09年、合コンセッティング業「ビッグリボン」(現在は恋愛などの記事コンテンツを配信するWEBメディア業)を設立。12年5月8日の「コンパの日」に一般社団法人日本合コン協会を設立。現在は同社社長と同協会会長を兼務。主な著書に「結婚につながる恋のはじめかた」(扶桑社)、「『急に熱が出た』と言いだす女の本音」(主婦の友社)、「合コン女王が教える2時間で女ゴコロをつかむ技術」(イースト・プレス)など。プライベートでは合コンで知り合った一般男性と6年の交際を経て14年に結婚した。32歳(佐々木洋輔)