[PR]

 春、新たな一歩を踏み出す季節。児童養護施設の子どもたちは原則18歳で退所し、自分で生活費を工面する。学費まで手が回らず、進学をあきらめるケースも多い。返済不要の奨学金の充実が求められる中、児童養護施設出身の11人が給付型奨学金に支えられ、夢へと歩き出した。

 「自分を救ってくれた先生のようになりたい」。愛知県の県立高校を卒業した長谷川俊介さん(18)は、中学教師を目指して大学へ進んだ。

 中学生の時、父が病気で働けなくなった。帰宅しても食べるものがなく、1日の食事が給食だけのことも。いつも、おなかがすいていた。でも、「貧乏だと思われたくない。普通の子に見られたい」。ラグビー部の練習にも打ち込んだ。

 ある日、学年主任の男性教師から「元気ないな。どうしたんだ」と声を掛けられた。「やっと頼れる人がいた」。長谷川さんは、せきを切ったように話し出した。家庭のこと、進学したいこと……。

 高校進学後、所持金がなくなった日に家を出て、施設に入った。施設で知り合った里親の家庭には、他に3人の子どもがいた。里親は進学を支援すると言ってくれた。だが、負担をかけたくない。そんな時に奨学金を知った。

 奨学金は、日本財団(東京)が新設した返済不要の「夢の奨学金」。大学教員やNGO職員、教師、メイクアップアーティスト、施設職員……。それぞれの夢を追う児童養護施設の出身者らの進学を後押しする。1人当たり年間250万円を上限に、学費や生活費を支援。今春から試験的に愛知、岐阜、三重の3県で始め、書類審査と面接で18~22歳の男女11人が選ばれた。明確で現実的な人生プランや情熱があることが条件。来年度から全国に対象者を広げる。申請書は日本財団のホームページからダウンロードできる。

 岐阜県の飯森美羽(みう)さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら