[PR]

 米大統領選の共和党候補者指名争いで首位を走るドナルド・トランプ氏の在日米軍のあり方をめぐる発言を受けて、おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)は29日、日本の核兵器保有の是非について「何も持たないのか、抑止力として持つのか、という議論をしなければならないのではないか」と語った。

 トランプ氏は米紙に、在日米軍の大幅削減を訴え、日本の核保有もありうるとの見通しを示している。

 松井氏は「トランプ大統領」の実現性に触れつつ、「トランプ氏は日米同盟の関係に疑問を持っている」と指摘。その上で「完璧な集団的自衛権という方向に行くのか、自国ですべて賄える軍隊を備えるか、そういう武力を持つならば最終兵器が必要になってくる。特に国会議員が本気で議論しないとダメなときだなと思う」と主張した。

 また「僕は核保有するのはいや」としながらも、「米国の軍事力がなくなった時に、どうするのか。夢物語で何とかなる、ではすまない」とも述べた。

 安全保障関連法施行については「全く手つかずのままより良かった」と評価した。大阪府庁で29日、2度にわたり記者団に語った。