2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の旧計画をデザインしたイラク出身の英国人建築家ザハ・ハディドさんが31日朝、心臓発作のため、米国マイアミで亡くなった。65歳だった。ハディドさんの建築事務所が同日、明らかにした。

 事務所の発表によると、ハディドさんは今週初めに急性気管支炎にかかり、病院で治療中に心臓発作が起き、急死したという。

 バグダッド生まれ。ロンドンの建築専門大学で学び、1979年にロンドンに事務所を開いた。前衛的な設計で実現が難しく、「ペーパーアーキテクト(紙上の建築家)」と評された時期もあった。だが、90年代に入ると実際に建築される作品が増え、2004年に建築界のノーベル賞「プリツカー賞」を女性で初めて受賞した。12年ロンドン五輪の水泳会場を設計した経験も持つ。

 12年、新国立競技場の国際コンペで選ばれたが、建設費用の高騰への懸念から白紙撤回された。その後、隈研吾氏らの案が採用されると、自らのデザインとの類似があると批判。発注元の日本スポーツ振興センター(JSC)は、デザイン監修業務料の支払い金額について、ハディドさん側と協議を続けていた。(ロンドン=河野正樹

 《新国立競技場の当初のデザイン選考で、審査委員会の委員長を務めた建築家・安藤忠雄さんの話》 20世紀末ぐらいから、造形力とコンピューター時代への対応で建築のあり方を変え、世界の建築界をリードする一人になった。技術が進む中でさらにどんな世界を切り開いてくれるのか期待していた。国立競技場で彼女の案は新しいシンボルになると考えたが、こういう形になって申し訳ないと思っている。30年ほど前からのつきあいで、今は言葉もありません。