[PR]

 1日午前7時50分ごろ、日本航空の航空機の重心位置を計算するシステムに不具合が発生し、全国の空港で航空機が出発できなくなった。午前9時40分に復旧したが、午前11時までに国内線計46便が欠航し、約6670人に影響が出た。

 日航によると、乗客や貨物などの重さから航空機の重心位置を計算し、貨物などをバランス良く配置する「重量管理システム」がダウンした。システムがダウンしている間、予備のシステムを稼働させ、各空港で社員が手作業で計算を行ったが、処理が追いつかなかったという。

 システムのサーバーにデータが滞留していたことが原因とみられ、再起動したところ復旧した。日航は「サイバー攻撃の可能性は低い」としている。システム復旧まで各空港で出発できない便が相次ぎ、遅延便も出た。

 日航では2014年6月にも、このシステムに不具合がおき、国内線170便以上が欠航した。

 植木義晴社長は1日午前、入社式後に取材に応じ、「お客様に多大なるご迷惑をおかけしていることをおわび申し上げる。必ず早期に原因究明し、二度とこのようなことがないよう、万全を期したい」と謝罪した。

 空の便をめぐっては、全日本空輸でも今年3月22日、搭乗手続きや発券を行うシステムに不具合がおき、国内線539便が欠航・遅延する大規模なトラブルがあった。石井啓一国土交通相は1日の会見で、「トラブルが続いていることについては遺憾」と述べた。(中田絢子