[PR]

 JRや私鉄など12路線が乗り入れる国内最大級のターミナル・新宿駅の案内表示について、東京都や鉄道事業者などでつくる協議会が、色や文字の大きさなどの統一基準をまとめた。JR新宿駅を中心に4方位を4色に分けて表示するなど、目的地が一目でわかるよう工夫をこらす。共用通路などの約700カ所の表示を2017年度に一斉に刷新する方針だ。

 新宿駅の案内表示は、駅や通路を管理する鉄道会社や都など11社・団体が独自基準で設置。外国人観光客らから「迷宮のようだ」との指摘があがっていた。

 新しい基準では、表示板の地色は白に統一。JR新宿駅の東側(新宿3丁目方面)を水色、西側(都庁方面)を黄緑色、北側(西武新宿駅の方面)を紺色、南側(新設バスターミナルの方面)を紫色に分類した。駅利用者800人へのアンケートをもとに、おおまかな地域を「西口広場」など計8カ所に絞って表記し、現在地や目指す場所を知る目安にする。

 方向を示す矢印の角度も実際の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら