【動画】長野県・諏訪大社の奇祭「御柱祭」が、上社の「山出し」で幕を開けた=仙波理、関口佳代子撮影
[PR]

 6年に1度の「天下の奇祭」、長野県・諏訪大社の御柱(おんばしら)祭が2日、上社(かみしゃ)の「山出し」で幕を開けた。

 八ケ岳連峰を背に、長野県の茅野市、原村境の「綱置き場」に安置された御柱8本が、午前7時すぎ、合図とともに一斉に動き出した。

 先頭の「本宮一之御柱」は長さ18メートル、直径1メートル超、重さ10トン。巨木の両端に先端を埋め込み、V字状の角のように伸びた約4メートルの「めどてこ」が左右に二度三度大きく揺られると、「ヨイサ、ヨイサ」のかけ声とともに一気に滑り出した。御柱を引く元綱と先綱には、千人を超える氏子がひしめき、力いっぱい綱を引いた。

 「上社山出し」は4日まで。3日からは急坂を滑り落ちる「木落(おと)し」と、雪解け水で冷たい川を渡る「川越し」がある。下社(しもしゃ)山出しは8~10日に開かれ、5月14~16日の下社「里曳(び)き」まで諏訪地方は御柱一色に染まる。(三浦亘)